ベータグルカンと関節炎

関節炎により痛みが、ベータグルカン(βグルカン)の摂取で消失する例は多い。

関節炎は、体内に微生物が感染して起こることが多い。 感染した組織内に微生物の断片が存在すると、組織の炎症や膨張を伴い、これにより関節の痛みが誘発されるのだ。ここで、ベータグルカン摂取による免疫システムの増強は、体内の微生物駆除に有効に機能し、それによる関節炎低減にも寄与する。

さらに、ベータ1,3Dグルカンは警戒信号発信分子(抗炎症性サイトカイン)の生成を誘発するが、これらの分子は、感染した組織で生成されることで痛みや炎症を引き起こす警戒信号発信分子(親炎症性サイトカイン)の影響を抑制するのだ。

従って、ベータグルカン(βグルカン)は、第1に体内の抗感染性機構を強めることによって、第2には、感染組織で微生物が産生する毒性物質の影響に対抗することで、関節炎の痛みを軽減できるのである。

ベータグルカンの検証 :







Links