ベータグルカンを食する意味

ベータグルカン(βグルカン)が免疫システムを強化し、微生物や癌細胞の攻撃に対する抵抗力を高めることは、歴史と科学が証明している定評のある事実である。

免疫システムは、日々、刻一刻と何百万もの微生物の攻撃を受け続けている。 人間が生きている限り、好機を狙っているバクテリア、ウィルス、真菌及ぴ寄生虫などの侵入者は、人体を食い物にしようとしているのだ。

免疫システムは、これらの絶え間ない過酷な微生物の侵食を防ぎ、食い止めているのだ。 免疫システムは非常に複雑かつ優秀な大量の武器であるが、相手となる微生物、がん細胞もまた同様に頑健であり、体内の力のバランスが拮抗している状態は、良くても常に綱渡り状態だと言える。

つまり、このバランスが、ストレス増加、過労、汚染、栄養不足、天候の変化などが原因で少し崩れるだけで、抵抗力が衰え、微生物やがん細胞に有利に形勢が逆転してしまうのだ。このバランスの崩壊が、風邪などの軽い症状から死を招くほどのがん発病などの原因なのだ。

ベータグルカンを食すると免疫システムを増強し抵抗力を著しく高めるので、免疫システムを危険に晒す変化に対して防御壁の役目とできる。つまりは、免疫システムは外敵から人間の健康を守ると云う唯一無二の防御システムだが、ベータグルカンはその優秀なシステムを最良の状態に保つのに役立つ食物なのだ。

ベータグルカンの検証 :







Links