ベータグルカンによる免疫活性化が年配者に不可欠な理由

免疫機能の活力は、年を重ねる過程で徐々に衰える。これが生命全体の宿命である老化現象の一端だ。

免疫力が衰える過程で感染症を発症し易くなり、またがん細胞の駆除能力も弱まることで、病気に対する全体的な抵抗力が弱まり、がんや自己免疫疾患に罹る可能性が増大するのだ。

免疫システムが十分機能するためには適切な栄養補給が必要であり、その中の1栄養素としてのベータグルカン(βグルカン)は免疫力を活性化する、もしくは維持する ために不可欠な栄養素なのだ。

動物性たんぱく質に偏った食事が大腸がんの原因になることは明白であり、植物繊維の摂取で消化器官の多くのがんのリスクが大きく低減されることはもはや常識の範疇であろう。

栄養素のバランスを考えた食事が大切なのは当たり前だが、実現できない日常もまた常在している。自身で足りないと感じ省みる栄養素は、確実に足りていないが、意識すれば食べられるはずだ。ベータグルカンは意識しても食べることが困難な栄養素となっていることから、免疫力の低下や、糖尿、高血圧のリスクを感じ始めたならば、サプリメントや健康食品を利用することは、がん やその他の成人病の予防に少なからず寄与できることだろう。

老齢者ほど免疫力を高める食生活が重要なのだ。そのためのベータグルカンサプリメントは、格好の栄養補助食品だろう。

ベータグルカンの検証 :







Links