ベータグルカンの粒子サイズ

ベータグルカン(βグルカン)の健康食品に関して、「粒子サイズ」「超微粒子」といった粒の大きさが比較されたのは、原始的なキノコ破砕食品が流行していた時代の話だ。実質は無意味でも、キノコをミクロン単位まで細かく磨り潰すことは、至難の業であったかもしれない。

これらの「粒子が小さい方が吸収が良いから、効果も高い」という説明は、一見は理屈が通っているようだが、ベータグルカンの小腸での吸収経路を照らし合わせると、デタラメであることが判る。ベータグルカンを吸収するマクロファージは10ミクロン前後よりも大きなベータグルカン分子でさえも捕食してしまう。

ここで、パン酵母から抽出されるベータグルカンは、製造された時点で全て数ミクロンの微粒子である。原料のパン酵母が10ミクロン前後の大きさしかないのだから、そこから精製抽出されたベータグルカンは数ミクロン以上の大きさにはならない。つまり、酵母から抽出されたベータグルカンは全て「超微粒子」なのだ。

当たり前に備えている微粒子としての形状を不必要に強調する宣伝には裏にまやかしがあると考えるのが妥当だろう。

ベータグルカンの検証 :







Links