ベータグルカン健康食品の安全性

ベータグルカン(βグルカン)という成分の安全性は、非常に信頼性が高い。

しかし、ベータグルカン成分よりも不純物の方が多いようなサプリメント・健康食品では、不純物が原因で副作用などのトラブルが発生することは少なくない。

つまりベータグルカン(βグルカン)を食するならば、なるべく不純物の少ない、すなわち含有率の高い製品を選ばなければいけないということ。

この不純物をなるべく減らすことで副作用のリスクを低減し、同時にベータグルカンの純度を高めることで効果効能も高める取り組みは、パン酵母ベータグルカンの発展の適しそのものである。

1940年代に初めて開発されて以降、多くの会社、研究機関がベータグルカンの精製工程の改良によって、ベータグルカンの純度が高められてきた。60~80%を越える非常に高いベータグルカン純度が実用化されている現代では、米国・食品医薬品局(通称:FDA)が「パン酵母ベータグルカンは副作用と習慣性が無い、通常食として扱える食品」と公式に認証登録している。

安全性は、多数の利用実績によってはじめて確認されるものだが、パン酵母由来のベータグルカンは既に70年以上の実績を重ねて、さらに品質が向上されている。これほど安全なサプリメントは他に例が無いとも言えるだろう。

ベータグルカンの検証 :







Links