抗がん剤副作用とベータグルカン

抗がん剤治療(化学療法)では患者のほぼ全員に副作用が起こることは誰でも知っているだろう。それだけ強い毒性の強い物質を体内に入れるのだから副作用が起こることは、想像に易い。効果のある抗がん剤は多数開発されているが、その副作用が患者が耐えられる範疇に納まらないために、「薬」として製品化されないのだ。つまり、ほぼ全ての抗がん剤はがん治療に効果がある。しかし、副作用の大小で治療に適した「抗がん剤」と害毒であるだけの「抗がん剤」に分けられるのだ。

がんの抗がん剤治療で治療中止を余儀なくされるのは、抗がん剤の効果が無い場合よりも、効果があってもそれ以上に副作用が酷い場合が多くあるのだ。 これは放射線治療にもあてはまる。旧来の放射線治療は、がん細胞を殺す傍らで周辺の正常細胞も少なからず傷付けることで、いわゆる被爆の副作用を被ったのだった。

ベータグルカン(βグルカン)はこれらの化学療法の抗がん剤および、放射線治療の副作用を軽減する作用が報告されている。その作用機序は、体内の活性酸素、フリーラジカルを消去作用による効果なのだ。

抗がん剤治療や放射線治療を実施する前の段階から、なるべく早くベータグルカン(βグルカン)の摂取を開始し、治療期間を通じて継続することは、副作用の軽減によって、治療の効果を最大化できる間接効果も見込まれるのだ。

ベータグルカンの検証 :







Links