ベータグルカン健康食品の違い

今や劣悪な低効率と位置付けられるキノコのベータグルカン・サプリメントでも、稀に実際に回復するがん患者が出現することは事実であろう。しかし、問題はその確率なのだ。残念ながら、ハナビラタケやアガリクスのサプリメントや健康食品に頼った治療では がん治癒率は非常に低いと言わざるをえない。その理由は絶対的なベータグルカン(βグルカン)の量が少ないことに加え、含まれているベータグルカンの質の違いによる。

1990年代に世界中に浸透したパン酵母由来のベータグルカンサプリメントは、明らかに伝統のキノコサプリメントよりも良好な結果を残したが、その理由がベータグルカンの量の大小だけでなく、ベータグルカンの質の違いによることが近年の分析技術の進化で解明された。

ベータグルカンと大括りにされてきたが、ベータグルカン分子の形状の形に違いがあり、その形状の形によって効果の大小にも大きく差があることが判ったのだった。これらのベータグルカンの形状の違いは分子が鎖のように連なる状態の違いに起因しており、結合する分子の番号からβ1,4Dグルカン、ベータ1,3Dグルカン、β1,6Dグルカン、β2,3Dグルカンと多くの種類に分類された。

そして、ベータグルカン(βグルカン)の中でも有効性を示すベータグルカンがベータ1,3Dグルカンという種類だと特定されたのだった。 キノコサプリメントのベータグルカンの中に含まれているベータ1,3Dグルカンの量は総じて1%未満である一方で、パン酵母由来のベータグルカンサプリメントの中にベータグルカンは50%以上が「ベータ1,3Dグルカン」だったのだ。

これらの分析技術の進歩によって、パン酵母ベータグルカンの効果の原因がキノコの数100倍の「ベータ1,3Dグルカン」の量だと解明され、その優位性は決定的となった。またパン酵母ベータグルカン製造工程の工夫によって、さらにベータグルカンのベータ1,3Dグルカンの割合が向上され、現代では60~90%超のベータ1,3Dグルカン サプリメント製品が市販されている。

ベータグルカンの検証 :







Links