キノコが重宝されてきた理由は?

古来から病気に臥した瀕死の重病人が、不思議なキノコ、魔法のきのこで奇跡的に回復する昔話、おとぎ話は、世界中に伝承されている。病気でなくともキノコが健康に良い事は人類が長い歴史を経て体得した経験として人類共通の概念だ。現代人、特に日本人、中国人の多くは、いまだに がん(癌)さえもキノコの健康食品で治療しようと試み、幸運な一部の患者は快復の幸運を得ているのだ。

しかし、なぜキノコが体によいのか? なぜキノコが重病を回復させるのか? がんに効くのか? といった原理的・理論的な解明は分析技術が現代まで対応できなかった。しかし、近年に発達した分析技術の向上によって、その秘密は明らかにされた。いわゆる不思議なキノコ、魔法のきのこ が病気を治す効果は、中に含まれているベータグルカン(βグルカン)という成分が有効であることが判明したのだ。

ベータグルカンの検証 :







Links